サービス

テレワーク導入支援

在宅ワークなどのリモートワークの導入をお手伝い。

導入までの流れ

  1. 現地調査
  2. 導入機器選定支援
  3. 設置作業
  4. マニュアル化
  5. ヘルプデスク

導入事例

30名程度のWeb制作会社にてシンクライアント型リモート環境の構築、物理サーバのクラウド化
Microsoft365へのメールシステムの移行、テレビ会議システムの導入し、オペレータ、エンジニア、デザイナーを完全在宅ワーク化を支援。

BtoBの受発注業務をEC化

BtoBの受発注業務をEC化

電話・FAXで受発注していても企業間取引も意外にオンライン化できる部分が多くあります。
受発注処理のために出社しないといけないことはありません。
新型コロナウイルスの影響で訪問営業が難しい場合でもオンライン化で、営業活動を効率化。

導入までの流れ

  1. 事業内容をヒアリング
  2. EC化できる部分を特定
  3. 業務フローの整理・オンライン化
  4. ECシステム導入
  5. 運用作業支援
イーラーニングで研修を効率化

イーラーニングで研修を効率化

コロナ禍で一か所に集まって研修を行うことが難しくなり、ZoomやTeamsでオンラインMTGツールでの実施が多いと思くなったと思います。
オンラインセミナーは配信準備や時間を決めての実施となり意外に準備が大変です。
イーラーニングでは好きな時間に好きな端末で受講することができ、管理側も受講者側も効率的です。

RPAで日々の事務作業を自動化

RPAで日々の事務作業を自動化

企業の効率化のツールとして注目されているRPA。
「Robotic Process Automation」の略語で、PC作業を自動化できるソフトウェアロボットです。
日々さまざまな事務作業がありますが、たとえばメールに添付されてきたExcelを、基幹システムにコピペする作業など、反復性の高い業務にRPAを活用されています。
そんな頼りになるRPAですが、得意分野と不得意分野がありますので、導入支援を行います。

導入までの流れ

  1. 作業内容のヒアリング
  2. RPAできる部分を特定
  3. 作業内容をフローチャートに可視化
  4. RPAシステム導入
  5. RPAシナリオ作成

導入事例

自社通販サイトでシステムトラブルで購入できない事例が発生。事象に気づくまでに数日かかってしまったため、数百万円の機会損失が発生。
再発防止策として、定期的にテスト購入を実施するものの、作業負担が大きくRPA化。
RPA化後に、休日にサーバトラブルが発生したが、素早い復旧作業により再発を防止できた。